双子モデルYouTuberが明かす整形のデメリット「鼻水が垂れても気づかない」「瞼を触るのも怖い」

双子モデルYouTuberが明かす整形のデメリット「鼻水が垂れても気づかない」「瞼を触るのも怖い」
拡大する(全3枚)


双子のモデルYouTuber「ちえちか」が2月下旬、整形のメリット・デメリットについて語った動画が話題だ。姉のちえさん(30)は昨年12月ごろ二重幅の修正手術、妹のちかさん(30)は昨年9月ごろに鼻の整形などを行った。


ちかさんは、鼻腔を左右に仕切る壁である鼻中隔の延長、わし鼻削りなどを行ったが、「鼻はカチコチです。笑ったときも鼻だけが動いていない」という。鼻中隔には胸の下の骨を移植しており、鼻をつまんで左右に動かすことはできるが、



「豚鼻ができない。恐ろしくてできないし、感覚ない。手術して5か月目くらいなんですけど、よく鼻水が垂れてるんですよ。まだ感覚戻ってないから神経繋がってないから、わかんないの」


と明かした。


■口の横から頭にかけて糸を入れてリフトアップ、「頭に傷があり、髪洗うとき怖い」


ちえさんは二重の手術について、「全切開でも埋没でもいいんですけど、目がこすれなくなる。触るのも怖い」と語る。2人は顔のリフトアップも行っており、口の横あたりから頭にかけて糸を入れ、釣り上げている。



「リフトアップで顔に糸を入れて1~2週間くらいかな。笑った時に糸が引っ張られてる感覚あるから引きつってると思われる。爆笑できない。『あはは』って口を開けられない」(ちえさん)


ちかさんは「私はまだ耐えれる方。笑った時不自然になっちゃうけど、上品に笑えばいい」というが、「ここ(口の横)から(頭にかけて糸を)入れてるから、頭の傷が2か月くらいは髪洗うとき怖い」と心境を吐露した。


この記事の画像

「双子モデルYouTuberが明かす整形のデメリット「鼻水が垂れても気づかない」「瞼を触るのも怖い」」の画像1 「双子モデルYouTuberが明かす整形のデメリット「鼻水が垂れても気づかない」「瞼を触るのも怖い」」の画像2 「双子モデルYouTuberが明かす整形のデメリット「鼻水が垂れても気づかない」「瞼を触るのも怖い」」の画像3

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク