国内景気動向、4か月連続で悪化 改元の祝賀ムードはプラス材料だが「不動産」「製造」「運輸・倉庫」が不調

国内景気動向、4か月連続で悪化 改元の祝賀ムードはプラス材料だが「不動産」「製造」「運輸・倉庫」が不調


帝国データバンクは4月3日、2019年3月の国内景気動向の結果を発表した。調査は今年3月にネット上で実施し、2万3181企業の中9712社から回答を得た。


2019年3月の景気動向指数は46.9。前月比0.3ポイント減で、4か月連続で悪化した。同社は「国内景気は、製造業の悪化やコスト負担増などがマイナス材料となり、一部で後退局面に入った可能性がある」としている。


■建設業は今年3月契約まで適用の消費税の経過措置特例のため駆け込み需要


業界別に見ると、「農林水産」「金融」「卸売」「小売」「サービス」が改善、「不動産」「製造」「運輸・倉庫」が悪化、「建設」が横ばいとなった。


製造業は中国景気の減速などを受け、大きく悪化。機械関連中心に12 業種中8業種が悪化した。景気動向指数が12業種すべてで50を下回ったのは、2017年1月以来2年2か月ぶりとなった。


運輸・倉庫業界は3か月連続で悪化した。工事や引っ越しなどの荷動きが年度末を迎え活発化する一方で、人手不足は一段と深刻化。一部で受注を見合わせる事態が発生している。経由価格の上昇や人件費と共に燃料費負担が重く乗りかかったが、ラグビーワールドカップ向けの予約など、訪日外国人観光客増加がプラス材料となり旅行業や旅行代理が改善した。


建設業は年度末の公共工事などによる工事量増大のほか、今年3月契約まで適用される消費税の経過措置特例を受けるため、住宅や民間工事での駆け込み発注があったことがプラスに働いた。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年4月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら