桜田元五輪担当大臣のPR漫画が欲望を正直に描きすぎと話題 「もっと上のステージに行きたい」と議員目指す

桜田元五輪担当大臣のPR漫画が欲望を正直に描きすぎと話題 「もっと上のステージに行きたい」と議員目指す


桜田義孝五輪担当大臣が4月10日、辞任した。桜田氏は今年2月、白血病を公表した水泳の池江璃花子選手を「本当にがっかりしている」と評し、サイバーセキュリティ担当大臣だった昨年11付きには「パソコンを使ったことがない」と発言。相次ぐ失言で批判を浴びていた。辞任の決め手は10日夜、自民党の高橋比奈子衆院議員の政治資金パーティで「復興以上に議員が大事」と発言したことだった。


辞任を受け、桜田氏の公式サイトに掲載されている漫画『桜田よしたか物語』に注目が集まっている。生い立ちや議員を目指した理由が描かれたものだが、その内容が「ただ成り上がりたいだけ」と指摘されているのだ。


「成功者と付き合いが増え、自分も大きな人間にならなくてはと思うようになった」


漫画によると、桜田氏は千葉県柏市の農家の生まれ。天候不順で不作でも、農作物がせりで安く買い叩かれる様子を見て「将来は自分で自由にモノを作り自由に値がつけられる仕事につきたい」と思うようになった。


大学入試に失敗した後、アルバイトで大工の仕事を始める。2年働き、周囲のすすめで明治大学の夜間部に入学した。25歳で建設会社を立ち上げ、30歳で柏青年会議所に入所。33歳で理事長になった。


その後、1987年に柏市議会議員、1995年に県議会議員、1996年に衆院選に当選するのだが、出馬を決めた背景として語られているのは



「成功している人たちとのつき合いが増え 彼らの家を直接手がけているうちに だんだんと自分もこの人たちと付き合うにふさわしい 大きな人間にならなくてはと思うようになりました」
「もっと上のステージに行きたい」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年4月12日の社会記事
「桜田元五輪担当大臣のPR漫画が欲望を正直に描きすぎと話題 「もっと上のステージに行きたい」と議員目指す」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    内閣時には一切発言せず更迭した途端これかよ。みっともないぜ。この記事で発言してる連中は。議員辞職はさせられねーんだろ。

    0
  • 匿名さん 通報

    「更迭した途端」って、皆が「不適材不適所」って言い続けてきたから更迭されたんだろ? 「議員辞職」だって、オメエみたいな「みっともなし」じゃねぇ皆が言い続けなきゃ「させられねー」んだよ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。