氷河期世代は「人生再設計第一世代」、政府検討会議で新たな呼称 地方への人材移動も検討

氷河期世代は「人生再設計第一世代」、政府検討会議で新たな呼称 地方への人材移動も検討


安倍首相は今年3月、就職氷河期世代にあたる30代半ばから40代の支援策を決めると発表している。4月10日に開かれた第5回経済財政諮問会議では「(就職氷河期世代を)『人生再設計第一世代』と位置付け」、今年夏までに、今後3年間で集中的な支援を行うためのプログラムを作ることが検討された。


民間議員が提出した資料では、氷河期世代をバブル崩壊後の新規学卒採用が特に厳しかった1993年~2004年頃に学校卒業期を迎えた世代と定義。浪人や留年がない場合、今年4月時点で大卒かつ37~48歳、高卒かつ33~44歳の人達が該当する。昨年時点では1700万人いて、15~64歳人口に占める割合は22.4%に上る。


「地方での人材ニーズ、求められる職業能力に沿った能力開発」の必要性訴える


支援の具体的な内容や詳細は今後話し合われるが、会議ではハローワークや大学等が連携し、3年で対象者半数の雇用を安定化させることや、リカレント教育の情報提供、特定求職者雇用開発助成金や中途採用等支援助成金等の要件緩和が提案された。


茂木敏充経済財政政策大臣は会議後の会見で、「3年で半減」という提案について、決定ではないと否定した。ただ、今後の計画策定の中で数値目標が入る可能性は高いとも述べている。


会議では、地方への人材移動の促進も提案された。資料には就業安定化の選択肢を拡げるべきという文脈で、



「地方においては様々な産業分野でミドルマネジメントクラスの人材が不足しており、地方での人材ニーズ、求められる職業能力に沿った能力開発を合わせて講じることが重要」


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年4月12日の社会記事
「氷河期世代は「人生再設計第一世代」、政府検討会議で新たな呼称 地方への人材移動も検討」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    あるひきこもり矯正施設説明会に潜入。1時間位説明の後、まずは職業体験を!介護、保育、清掃、パン製造この中から職業体験してもらうから選んで!職業体験費用として、1日あたり1万円頂きます。働いて金とるの?

    1
  • ぬめり鶏 通報

    職歴もろくにない、スキルもない中年を雇ってくれるだけの企業がどこにあるのか。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。