看護職員、4割がパワハラ被害 「科長の言動がひどい。新人が辛い思いをしている」

看護職員、4割がパワハラ被害 「科長の言動がひどい。新人が辛い思いをしている」


自治労連は5月13日、自治体病院で働く職員の労働実態アンケートの結果を発表した。調査は昨年9月から10月にかけて実施。同年12月7日までに回答があったものを集計した。回答は23都道府県・97病院から1万2725人分集まり、うち看護職員(保健師、助産師、看護師、看護助手)は9584人分だった。


調査によると、看護職員のうちセクハラを受けた経験がある人は20.5%、パワハラを受けた経験がある人は42.8%だった。


科長から「1年目に夏休みなんてあげなきゃよかった」


セクハラは「患者から」が最も多く60.3%。次いで「医師」(27.5%)、「上司」(9.7%)と続く。パワハラは「上司から」が56.1%と最多で、その後「医師」(32%)、「同僚」(13.4%)、「患者」(8.5%)、「患者の家族」(5.1%)と続いた。2014年の前回調査と比較し、上司と同僚から受けるパワハラが増加傾向にある。


実際に経験したパワハラ被害の例としては、



「最近、科長からのパワハラとも取れる言動がひどい。『今日は時間外はつけません。残念でした』『一年目に夏休みなんてあげなきゃよかった』等。科長が原因で新人が辛い思いをしている」


などの声が寄せられていた。調査を実施した自治労連の担当者は、他にも「師長や副師長からパワハラを受けたことが退職の一番の原因」「スタッフの満足度も調査してほしい」など、様々な意見が寄せられたと明かす。「看護職員のハラスメントでは、女性が、自分が加害者になっていることに気づいていない例も多い」と分析している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年5月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。