正社員不足が深刻な業界1位「情報サービス」、2位「農・林・水産」――「新しい仕事が発生してもSEがいない状況」という声も

正社員不足が深刻な業界1位「情報サービス」、2位「農・林・水産」――「新しい仕事が発生してもSEがいない状況」という声も


帝国データバンクは5月23日、「人手不足に対する企業の動向調査」の結果を発表した。調査は今年4月に実施し、9775社から回答を得た。正社員について「不足している」と回答した企業は50.3%となった。


業種別にみると、最も高かったのは「情報サービス」(74.4%)で、昨年より5.2ポイント増加した。次いで、「農・林・水産」(71.1%、前年比21.1ポイント増)が続く。


以降、「運輸・倉庫」(68.5%)、「メンテナンス・警備・検査」(67.8%)、「建設」(66.3%)、「リース・賃貸」(65.4%)、「飲食店」(61.9%)、「放送」(60%)、「専門商品小売」(59.5%)、「自動車・同部品小売」(56.9%)と続く。上位10業種中8業種で1年前を上回っている。


規模別にみると、「大企業」は60%の企業が「不足」と感じており、前年比2.8ポイント増加。一方、「中小企業」は47.9%で0.7ポイント増、「小規模企業」は42.9%で0.9ポイント減となった。


■非正規社員が不足している企業は3割 「飲食店」「飲食料品小売」業界で6割超


「非正規社員が不足している」と回答した企業は31.8%で、「適正」(61.4%)を大きく下回った。非正社員において、最も人手不足を感じている業種は「飲食店」(78.6%)で、依然と高水準の不足感が続いている。


また、「飲食料品小売」(63.9%)、「人材派遣・紹介」(56.3%)、「メンテナンス・警備・検査」(56.2%)、「各種商品小売(百貨店やスーパーなどを含む)」(56.1%)、「娯楽サービス」(54.7%)、「旅館・ホテル」(54.2%)と続く。8業種で5割以上となり、うち5業種が小売やサービスにおける接客関連業種となった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年5月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。