就活はこれ以上「多様化」すべきのか? 学生も企業も「一斉実施」を望んでいる

就活はこれ以上「多様化」すべきのか? 学生も企業も「一斉実施」を望んでいる


経団連の中西宏明会長が、文春オンラインの記事で「新卒一括採用には違和感がある」と発言し、ネットで話題になっていました。


記事では中西会長と、経営共創基盤の冨山和彦CEOが対談しており、「一括採用型、通年採用型、インターン採用型。就活は多様化の時代へ」といった見出しもついています。


「いつから何をする、という時期が固定されている」(中西会長)ことへの問題意識は、現場の感覚としても理解できます。しかし「就活は多様化の時代へ」と言われると、本当にそうだろうかと思ってしまいます。(人材研究所代表・曽和利光)


■「多様化」はすでに多様すぎるほど進んでいる


ひと口に「日本は新卒一括採用」と言いますが、採用活動の現状はすでに複線化しています。3年生の夏のインターンぐらいから外資やベンチャーが採用活動を始め、大手もインターンシップやリクルーターなどの水面下活動をしています。


そして3年生の3月に就職ナビがオープンすると、大手が会社説明会やエントリーシートの受付などを始め、表面的な見せ方はいろいろですが、なし崩し的に選考をしはじめます。


6月の「選考」解禁が、実質は「内定」(正式には「内々定」)解禁となり、6月1日からどんどん内定(内々定)が出ます。そして、10月に内定解禁で晴れて「正式内定」を対外的にも発表できるという流れです。


一方、中小企業などの採用力の弱い企業は、早期の外資・ベンチャー、遅い日系大手に挟まれて、なすすべもなく右往左往している状況です。日系大手が終わるまでは労多くして益少ない活動を続け、ようやく残りの短い期間で急いで採用をしているのが現状です。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月6日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。