阪急の広告「月30万円だけど仕事楽しい」が炎上した背景 「生き甲斐のないくらい死ぬほど働いて20万なんや」

阪急の広告「月30万円だけど仕事楽しい」が炎上した背景 「生き甲斐のないくらい死ぬほど働いて20万なんや」


阪急電鉄の車内に掲示された中吊り広告がネットで炎上し、中止に追い込まれた。研究者や経営者などの言葉を集めた本「はたらく言葉たち」(パラドックス)から紹介したものだが、特にやり玉に上がったのが、



「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。研究機関 研究者/80代」
「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。外食チェーン 経営者/40代」


といった言葉だ。


ネット上では匿名掲示板にいくつもスレッドが立ち、5ちゃんねるでは



「30万貰って激務に耐えるか、15万貰って毎月手持ちの残金に怯える生活を送るかじゃないの?」


など、所得格差や経営者側の都合のいい"やりがい搾取"を想起する人が多く、反発を招いた。(文:okei)


「月にこの半分も稼げてない人間が多数だというのに」「30万貰えりゃそれだけで人生楽しいでしょ」


特に批判が多かったのが「月給50万円か30万円か」という部分だ。月給30万円といえば、ボーナス2ヶ月分が2回だと、年収480万円になる(ボーナスなしで360万円)。国税局が2018年9月に発表した「民間給与実態統計調査」によれば、1人当たりの平均年収は 432 万円なので、480万円は十分いい部類に入る。


また、厚労省の賃金構造基本統計調査(2018年)によると、平均給与が30万円を超えるのは男性だと30代後半になってから。女性の場合は、平均が30万円を超えることはない。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月12日の社会記事
「阪急の広告「月30万円だけど仕事楽しい」が炎上した背景 「生き甲斐のないくらい死ぬほど働いて20万なんや」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    「研究機関 研究者/80代」どうせ大して役に立っていないのだから、早く引退して後進にポストと予算を譲るべき。競争の無い時代にダラダラと研究者になっただけの世間知らず。

    9
  • 匿名さん 通報

    「現実を知れ。労働者/30代」

    6
  • 匿名さん 通報

    12万、ボーナス1万・・・ホホホ・・・

    1
  • 匿名さん 通報

    ボーナス2ヶ月分が2回とするとって平気で言える時点でこの記者もズレてんだよね

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。