【老後資金2000万円】宮崎哲弥氏、金融庁の思惑を解説 「市場への投資を促すために作られたデータ」

【老後資金2000万円】宮崎哲弥氏、金融庁の思惑を解説 「市場への投資を促すために作られたデータ」


評論家の宮崎哲弥氏が6月12日放送の「スッキリ!」(日本テレビ系)に出演し、金融庁の「老後資金2000万円」の報告書について解説した。


報告書を作成したのは、経済に詳しい大学教授やエコノミスト・弁護士などで、座長と委員の計21人。宮崎氏によると、この市場ワーキンググループは、それ以外に約4割が金融業界関係者で占められており、「オブザーバーも投資顧問協会や信託協会、銀行協会、証券協会がなっている」とした上で、



「ようするに、いかにして民間の投資を促進するか図る、という性質のものであることを前提にお考えください」
「このデータはいかにして高齢者に、あるいはこれから高齢者になっていく方々が、市場に投資ていくか。それを促すために作られたデータである」


とコメントした。(文:okei)


■高齢者の貯蓄を「なんとかリスクマネー化してほしい、そういう話ですよね」


MCの加藤浩二さんは、「言ってみれば、今はタンス預金・預貯金など使っていないお金を高齢者はいっぱい持っているから、それが投資などに回ればいいだろうという思惑がまずある」と補足した。宮崎氏は頷き、



「だっておかしいでしょう。そもそも年金っていうのは厚生労働省の担当ですよね。なんで金融庁が?という風に、私は第一報を聞いて思ったんですよ」
「調べてみると、要するに投資を促したい。強い言い方をすれば2000万円不足するから投資をやらなきゃいけないという風に(仕向けている)、そういう性質のものであるということですね」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月12日の社会記事
「【老後資金2000万円】宮崎哲弥氏、金融庁の思惑を解説 「市場への投資を促すために作られたデータ」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    投資にいろはも判らない人間に投資をさせて、損をさせて一部が儲ける・・・って言う事をしたいんだろ。 何処まで、国民を愚弄してるんだか。 こんな政府は要らない。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら