車社会の地方と都心の運転の違い「地方は頭から駐車する人が多い」「歩行者が少ないと油断しがち」

車社会の地方と都心の運転の違い「地方は頭から駐車する人が多い」「歩行者が少ないと油断しがち」


「大丈夫」という言葉を聞くと安心するかもしれません。でも、車の運転に関しては、「大丈夫じゃないかもしれない」という思いが必要になります。


僕は3年前に東京から福井県に移住しました。車社会の福井は、10万人に対する交通事故死亡者数が全国ワースト1位となっています。どんなことが他県と違うのか、車社会の運転事情ってどんな感じなのか。今回は都心と地方の車の運転事情を考えていきます。(文:ちばつかさ)


車社会の福井から出てきて東京で気づく「自転車や歩行者側の視点」


僕の妻は福井生まれで、結婚して一度東京に引っ越してきました。妻は運転免許を取得して5年ほど経っていたので、福井ではなれた様子で運転していたものの、東京の道路事情に驚いていました。


東京は、とにかく人が多い。車の量も多い。自転車も多い。そして道幅が狭いことが恐かったようです。


妻が東京に移住して運転中に一番気にしたのは"巻き込み確認"だといいます。当たり前ですが地方は歩行者や自転車の数自体少なく、歩いている人や車道に自転車が走っていることが少ない(というかほぼいない)。


そのため、福井県にいると、どうしても"巻き込み確認の必要性"を感じにくくなります。妻は車社会から離れ、東京で自転車に乗ったり歩いたりすることが増え、自転車や歩行者側からの視点で運転の危険に気づいたと言います。


駐車場での停め方、東京は「バック」、地方は「頭から」?


道幅が狭かったり人が多かったりする東京。駐車場も一台でも多く入るようにキツキツに作られていることが多いので、駐車も大変です。ぴっちりとまっすぐ停めないと隣との幅も狭くなり、他の車両に迷惑がかかるばかりか、ぶつけられる心配も出てきます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「自殺」のニュース

次に読みたい関連記事「自殺」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「地震」のニュース

次に読みたい関連記事「地震」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュース

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。