Facebook広告、4割の人が「不快に思ったことがある」 理由2位は「いつも同じような広告流れてきてしつこい」 

Facebook広告、4割の人が「不快に思ったことがある」 理由2位は「いつも同じような広告流れてきてしつこい」 


ジャストシステムは6月12日、「モバイル&ソーシャルメディア 月次定点調査(2019年5月度)」の結果を発表した。調査は今年5~6月に実施し、Fastaskモニターで17~69歳の男女1100人から回答を得た。


現在SNSを利用している人(719人)のうち4割は「Facebookのタイムラインに表示される広告を見て、不快に感じた経験がある」と回答している。不快な理由は「自分に特に関心ないものが表示されて邪魔だと思う」(48.4%)、「いつも同じような種類の広告が流れてきてしつこいと思う」(45%)が多かった。


■不快感を抱いても「特に何もしなかった」が最も多かったのはLINE


不快を抱いた後の行動は「広告を非表示にしたことがある」(41.2%)が最多で、「特に何もしたことはない」(39.4%)を上回った。男女別に見ると、男性が37.2%に対し、女性は45.1%。


他のSNSと比べると、不快感を抱いたが「特に何もしなかった」という人は、「LINE」(53%)が最も多く、次いで「Instagram」(44.4%)、「Twitter」(42.6%)、「Facebook」(39.4%)となった。


また、「Instagram」のタイムラインに流れてくる広告に不快感を持った人(36%)のうち、「広告を非表示にしたことがある」人は32.4%。「アカウントをブロックしたことがある」人は19.7%で、男女別に見ると男性(24.8%)が女性(15.5%)を上回った。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月13日の社会記事
「Facebook広告、4割の人が「不快に思ったことがある」 理由2位は「いつも同じような広告流れてきてしつこい」 」の みんなの反応 1
  • 濡れ落ち葉団長 通報

    個人情報を曝させるFacebookなんて利用するつもりが無いために利用していないけれど、 アドブロック入れれば良いと思うけれど殆どの人は知らないのかな?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。