“困った上司”の特徴1位「人によって態度を変える」、2位「部下を守らない」、3位「指示が曖昧」

“困った上司”の特徴1位「人によって態度を変える」、2位「部下を守らない」、3位「指示が曖昧」


エン・ジャパンは6月10日、「上司と部下」に関する調査結果を発表した。調査は4~5月にネット上で実施。「エン転職」を利用する20代以上のユーザー1万1286人から回答を得た



68%の人がこれまでに「尊敬する上司に出会ったことがある」と回答。その人たちに、「その上司のどんな点を尊敬しているか」を聞くと、最も多かったのは「いざというときに部下を守る」(55%)だった。


コメントでは、



「仕事が本当に嫌になって投げ出そうとしてしまった時に『やれるだけやってこい。失敗しても責任は全部俺が持つ』と言ってもらえてすごく楽になりました」(31歳女性)


という声が寄せられた。以降、「指示・指導が的確」(53%)、「知識や経験が豊富」(51%)が続く。


■「部下の中でも、まったく怒らない人もいれば、ちょっとしたミスも怒る人がいた」


年代別で比較すると、20代は「知識や経験が豊富」(56%)、「いつでも相談できる」(54%)が他の年代に比べ顕著だった。また、30代・40代は「決断力がある」(30代:43%、40代:45%)の回答割合が高かった。


「上司に期待していること」を聞くと、1位は「自分の意見や考えに耳を傾けてくれる」(61%)だった。年代別で比較すると、20代は「具体的なアドバイスをくれる」、「いつでも相談に乗ってくれる」、「業務に一緒に取り組んでくれる」の回答が他の年代より多く、心を寄せてくれる上司を理想としていることが明らかになった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。