「見ず知らずの人に悩み相談する人は馬鹿では?」20代女性の相談 「何を考えて相談しているのか理解に苦しみます」

「見ず知らずの人に悩み相談する人は馬鹿では?」20代女性の相談 「何を考えて相談しているのか理解に苦しみます」


みなさんにも悩みの1つや2つあるんじゃないだろうか。僕は定期的に「これもう詰んだわ」と全てを投げ出したくなることがある。その都度、時間が解決してくれたり、どうにかできるようになったりするんだけど、やっぱり悩みなんてぶち当たりたくないよね。


で、ここからが本題。みなさんは悩みを抱えてしまったとき、誰かに相談するだろう。それとも、自力で解決を目指すタイプだろうか。あるいは、そもそも他人に悩みを相談することを「馬鹿らしい」と思ってしまう?(文:松本ミゾレ)


■「芸能人に悩み相談をする人を見下す自分が嫌」「でも自分は間違ってない」


先日、キャリコネのお悩み投稿欄に、20代女性から「悩み相談をする人なんて馬鹿なんじゃないか」という題名の投書があった。その主張は以下のとおり。



「芸能人やネット上のインフルエンサーといった人に悩み相談をする人って馬鹿なんじゃないかと思って見下す自分が嫌です。なんで自分のことをよく知らない人にアドバイスもらって納得とかできるんでしょう。



バックボーンを知らないからこそ普遍的で的確な助言ができる? まぁわからなくはないです。でもやっぱり助言を求める様な相談を見ず知らずの人にするって馬鹿がやることだよなぁと思って、どうしても下に見てしまいます。



冒頭に『そんな自分が嫌』と書きましたが、自分自身は間違っていないと思うし、なんならそんな自分が好きです。お悩み相談それ自体も読み物として楽しいので好きです。最近は鴻上尚史さんのお悩み相談なんか面白いですよね。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。