副業を解禁した会社ってどんな感じ? 「ワークライフバランス重視で早く帰って副業も可能」

副業を解禁した会社ってどんな感じ? 「ワークライフバランス重視で早く帰って副業も可能」


昨年は"副業元年"と呼ばれていたが、実際に副業を容認している企業はどの程度あるのだろうか。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみよう。【参照元:キャリコネ】


経団連が今年1月に発表した調査によると、副業・兼業を認めているという企業は21.9%にとどまった。副業を推進している企業はまだ少ないといえるが、キャリコネには副業可能な企業の口コミも寄せられている。



残業という文化がそもそもないです。やりたければ残るし、帰りたければ即帰ります。その辺も自由でフラットです。ワークライフバランスを重視する方に向いているので、うまくやれる人には最適な環境で働けると思います。ちなみに副業も可能です」(法人営業、30代前半、男性、正社員、年収550万円)
「(働く環境が)非常に豊富。テレワーク、副業もできるようになっている。休暇もあり、半日取得も可能。年末年始も割りと長めにもらえるようになった」(プログラマー、30代前半、男性、正社員、年収500万円)
「海外勤務なので,現地ではまあまあの給与。家族との時間の調和が良くできていて,とてもうれしい。現地は副業などもできる環境なので、自発的にやりたいことを具現化できる」(財務、20代後半、男性、正社員、年収500万円)


働き方改革の影響もあり、副業やテレワークを取り入れる企業も増えているようだ。残業規制が始まり早く帰れるようになった今、余った時間を何に使うかは個人の自由だ。副業が許されている企業ならば、その時間を別の仕事に充てて収入を増やしたり、勉強してみたい業種に挑戦するのもいいだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月14日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。