学校の宿題って本当に必要?宿題大国の福井県に住んで感じたこと ただの苦役になっては意味がない

学校の宿題って本当に必要?宿題大国の福井県に住んで感じたこと ただの苦役になっては意味がない


千代田区の麹町中学校が、今まで"当たり前"とされてきた宿題や期末テスト、担任制などの教育制度を廃止して話題になりました。しかも、着実に学力が身についており、成果が出ているといいます。


僕の住む福井県小学校、中学校の学力テストが全国トップクラス(2018年の小学生は3位、中学生は1位)ですが、宿題がとにかく多いのです。長女と次女が通う小学生では毎日必ず宿題が出され、夏休みになれば溢れるほどの宿題を持って帰ってきます。


東京出身の僕は、帰ってきたらすぐに遊びにでかける小学生でしたし、子どもたちも「宿題が多い」と不満をもらしています。はやく遊びたいがために宿題を作業のようにこなしたり、遊んだり会話したりしながらしています。宿題は本当に必要なのでしょうか。(文:ちばつかさ)


■子どもにとって宿題=苦役 漢字の書き写しは先に全部ひらがなを書いて、漢字を書く


子どもたちをみると、帰宅するとすぐに宿題に取り掛かります。ノートにぴっちり漢字や文章を書き写し、算数のドリルなどをこなし、毎日親が音読チェックをします。夏休みにも「夏休みの友」なる宿題があります。


この大量の宿題をこなす姿をみていると「ん?」と思うことがあります。それは、子どもたちが"早く終わらせるための技"を使っているのです。例えば、漢字の書き写しなら、ひらがなだけ先に全部書いて後から漢字を書くとか、宿題=作業になってしまっています。


実際、子どもたちにとって宿題は「苦役」くらいにしか思っていません。一方、東京の麹町中学校は「宿題は学ぶためにあるもので作業ではない」という目的の履き違えを訴え改革をし、成果を収めています。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。