加藤浩次、「婚前契約書」に納得「お互いを一番尊重しているときに結んでおけば、何かあったときそこに戻れる」

加藤浩次、「婚前契約書」に納得「お互いを一番尊重しているときに結んでおけば、何かあったときそこに戻れる」


収入、家事、育児、介護など、「結婚する前に話し合っておけば良かった」と後悔することは多い。6月15日放送の「スッキリ!」(日本テレビ系)では、自身が婚前契約書を交わした歌手のSILVAさん(43)が生出演し、「婚前契約は、結婚生活を円滑にするもの」として解説した。


離婚歴があるSILVAさんは、自身が米国に移住し、周囲の友人たちがパートナーとして婚前契約で円満な関係を築いていたことから、自身も次の結婚ではそうしたいと考えるようになったという。(文:okei)


■「ズルズル作戦」を許さない、「結婚前に話し合うことに意味があるんですね」


そもそも「婚前契約」とは、家事分担や子育ての方針、離婚時の慰謝料など夫婦生活のルールを2人で協議し、取り決めること。例えば、SILVAさん夫妻の婚前契約書は、



「甲と乙は、互いに、自身の収入を報告し合うものとする」
「甲と乙は外出による飲酒については、最大週2回までに抑えるものとする」


など、かなり細かい内容で34項目に渡る。家事の分担に関しても、



「甲と乙は互いに思いやりの気持ちを持って、家事の遂行に協力するものとする」
「買い物料理掃除洗濯等の家事の一切につき甲と乙が平等の割合にて負担するものとする」


など、お互いを尊重し合うための、2人で決めたルールが定められている。


これに対してMCの加藤浩次さんは、「すごいね、憲法みたいだね」と感心し、少し引いている様子だった。SILVAさんは、結婚前に男の人は「家事手伝うよ」と言うが、いざ結婚すると日々の生活に流され、必然的に家にいる時間が長い女性がやることが多くなると説明。すると加藤さんは、


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。