QS世界大学ランキング、日本は研究パフォーマンスで上位100位に入らず 「日本の大学は国からの資金的恩恵・投資を受けていない」 

QS世界大学ランキング、日本は研究パフォーマンスで上位100位に入らず 「日本の大学は国からの資金的恩恵・投資を受けていない」 


英QS Quacquarelli Symonds社は6月19日、第16回「QS世界大学ランキング」のレポートを公開した。同ランキングは世界の大学上位1000位までを網羅したもので、研究者の回答に基づく学術評判や、優秀な卒業生を輩出できているか、教員1人あたりの論文被引用数など6つの指標をベースにしている。


1位は8年連続マサチューセッツ工科大学(米国)。2位以降、スタンフォード大学(米国)、ハーバード大学(米国)、オックスフォード大学(英国)、カリフォリニア工科大学(米国)、ETHチューリッヒ(スイス)、ケンブリッジ大学(英国)と続く。


日本の大学は41校がランクイン。しかし、うち24校が順位を落とした。また、日本の大学が研究パフォーマンスにおける上位100位以内に入らなかったのは初めてとなった。


■「日本の高等教育セクターは10年間にわたる研究資金調達の停滞の影響を受けている」


日本の大学は、22位・東京大学(昨年23位)、33位・京都大学(35位)、58位・東京工業大学(58位)、71位・大阪大学(67位)、82位・東北大学(77位)、115位・名古屋大学(111位)、132位・北海道大学(128位)、九州大学(126位)、196位・早稲田大学(208位)、200位・慶應義塾大学(198位)が上位に入った。


東京大学は4年連続で順位をあげており。2015年(31位)から9ランクアップしている。同社調査の学術評判の指標で100点満点を獲得した世界8校のうちのひとつで、アジアでは唯一だ。京都大学も4年連続で順位が向上している。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら