会社員のやる気や幸福度、テレワークで爆上がり? テレワーク社員の8割「自分は仕事のモチベーションが高い」

会社員のやる気や幸福度、テレワークで爆上がり? テレワーク社員の8割「自分は仕事のモチベーションが高い」


テレワークを支援するレコモットは6月20日、「勤務形態別ワークライフバランスに関する意識調査」の結果を発表した。調査は今月4日から6日にかけてネット上で実施。企業に所属し、テレワークをしない「一般会社員」、企業に属しテレワークをする「テレワーク会社員」、フリーランスでテレワークを行う「フリーランステレワーカー」の計600人から回答を得た。


1日の平均労働時間を一般会社員とテレワーク会社員で比較すると、「8時間未満」と答えた割合は、一般会社員で13%、テレワーク会社員は26.5%と、テレワーク会社員のほうが多かった。フリーランステレワーカーに至っては半数以上(52.5%)が8時間未満だった。


■「幸福度が高いと感じる」一般会社員は4割、テレワークする会社員は8割


テレワークで実感した効果を聞いたところ、テレワーク会社員、フリーランステレワーカー共に「通勤時間を気にしなくなった」という回答が最も多かった。その他、「自由に使える時間が増えた」、「業務の効率が上がった」との声も挙がった。


テレワークの実施が仕事のモチベーションを左右している可能性も明らかになった。「自分は仕事のモチベーションが高いと思う」と答えた割合は、一般会社員が39.5%、テレワーク会社員が78%、フリーランステレワーカーが75%だった。また、テレワークを行う人たちの8割以上が、「モチベーションの高さにテレワークが起因している」と回答している。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月24日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。