小中学生の親の7割、子供には「理系に進んで」 母親は「安定した仕事」、父親は「不安定でもやりたい仕事」への就職望む傾向

小中学生の親の7割、子供には「理系に進んで」 母親は「安定した仕事」、父親は「不安定でもやりたい仕事」への就職望む傾向
拡大する(全2枚)


アイデムは6月20日、「親の子どもに対する就職期待とキャリア教育に関する調査」の結果を発表した。調査は今年5月、小学1年生から中学3年生までの子どもを持つ親3600人を対象にインターネット上で実施。親が子どもの将来や就職にどんな考えを持っているかなどを聞いた。


子どもに将来、理系と文系どちらに進んでほしいか聞いたところ、「理系」が15.7%、「どちらかと言えば理系」が54.3%だった。保護者の理系人気の高さが伺える。


就職してほしい職業は医療系が根強い人気


子どもの性別によって、進んでほしい進路に違いが見られた。子どもが男の子の場合、男子小学生を持つ親では81.9%、男子中学生を持つ親の79%が「理系に進んでほしい」と答えた。一方、女子小学生を持つ親で「理系に進んでほしい」と回答したのは60.2%。女子中学生の場合は57%だった。


将来の職業選択や働き方について「自分で自由に決めてほしい」、「親の意見も聞いてほしい」のどちらに近いかを聞いた。自分で決めてほしいという親が85.2%だった。


「不安定でもやりたい仕事」と「安定した仕事」のどちらについてほしいか聞いた。全体の38.8%が「不安定でもやりたい仕事」についてほしいと回答している。


「やりたい仕事」と「安定した仕事」どちらに就いてほしいかは、回答者の性別によって違いが見られ、父親は「やりたい仕事」、母親は「安定した仕事」と答える傾向が強かった。小学生を持つ親の場合、父親は45.2%が「やりたい仕事」と答えたのに対し、母親は32.4%、中学生を持つ親では、父親の46.3%が「やりたい仕事」を挙げたが、母親は33%だった。


この記事の画像

「小中学生の親の7割、子供には「理系に進んで」 母親は「安定した仕事」、父親は「不安定でもやりたい仕事」への就職望む傾向」の画像1 「小中学生の親の7割、子供には「理系に進んで」 母親は「安定した仕事」、父親は「不安定でもやりたい仕事」への就職望む傾向」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。