今治のタオル工場で技能実習生のブラック労働 誤認された企業が「うちではない」声明発表

今治のタオル工場で技能実習生のブラック労働 誤認された企業が「うちではない」声明発表


タオルの製造・販売を行うオルネット(愛媛県今治市)は6月25日、同社が外国人技能実習生を劣悪な環境で働かせているのではないかというネットの噂を、否定する声明を発表した。


きっかけはNHKが6月24日に放送したドキュメンタリー番組『ノーナレ』。番組では、愛媛県のタオル縫製工場で働くベトナム人技能実習生たちが取り上げられた。婦人服や子供服の製造という名目で雇われた28人だったが、実際にはタオルの製造をさせられているとして、このうち4人が昨年、NHKに助けを求めていた。


7時半から夜10時過ぎまで働かされ、何かあれば「ベトナムに強制帰国させる」と脅されるという。残業時間は過労死ラインの2倍以上である180時間にも上るが、支払われる残業代は40時間分のみ。厳しいノルマが課せられ、会社の敷地の、窓のない狭い寮に28人で生活していたことも明かされた。


「当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません」


助けを求めた4人は支援団体によって保護された。会社には行政の調査が入ったが、その後も労働環境の改善は見られないという。その後、さらに数人が保護されたが、会社に残ったうちの1人が今月下旬、脳出血で倒れ、意識不明の状態が続いている。


ネットでは番組に衝撃を受けた視聴者が多く、「今治タオルもう買わない」などの声も挙がった。番組内で企業名は伏せられていたが、報道された会社の外観などから、実習生が働いていたのは森清タオルだと断定する声が高まった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年6月25日の社会記事
「今治のタオル工場で技能実習生のブラック労働 誤認された企業が「うちではない」声明発表」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    そもそも技能実習生(人身売買みたいなもの)って、企業側と業者側の都合の良い奴隷。日本で技術を学ぶと言っても大して役に立たず。むしろ欧米の方が人気あり選ぶ人が多い。日本を選ぶ人は何も知らない大馬鹿です。

    2
  • 匿名さん 通報

    この問題は、森清タオルから工場を借りて今治タオルを製造。しかし森清タオルは、ベトナム人技能実習生の業務形態とは無関係だと否定。日本に売られてくる外国人技能実習生は、利権に業者や悪徳企業の奴隷です。

    2
  • 匿名さん 通報

    うちはやってない。という反応はいかがなものか。今治タオル関係業界の体質なのではないか?自分はやってなくとも、ここまでひどい状態であれば、同業、同地域でみんな知っていることではないのか?(怒・怒・怒)

    1
  • 匿名さん 通報

    別企業に工場を貸してて、さらに貸した企業からお金を受け取ってますよね。それで無関係はないと思います。間接的にも加害者となり得るでしょう。貸したことによって、このような問題につながってる訳ですから。

    1
  • 匿名さん 通報

    会社の住所をストリートビューで見ると映像の場所と完全一致するんだけど、違うのかな? 多分潰れると予想

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。