日本旅行は6月28日、内々定通知者に送る予定だったメールを誤って送信したとして、サイトにお詫びを掲載した。メールは、同社採用サイトやリクナビ、マイナビからエントリーをした約4万3000人に送られた。

2020年卒予定で、サイトに登録していた人全員に送られたとみられる。


同社の広報担当者によると、誤送信は採用担当者の操作ミスによるものだという。メールを受け取った人には同日、お詫びのメールを送っている。


個人情報の流出はなし「ご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び」


誤送信が発覚したのは28日の16時30分頃。採用担当者から、内々定の通知と、内定者懇親会のお知らせが2回に分けて送られた。ツイッターでも「応募してないのに内々定の連絡来た」と混乱する声が相次いだ。


その後、17時に第一報として誤送信を詫びるメールを送信。18時30分頃に、詳細を記載したお詫びのメールを再度送信している。


同社の今年の内定者は120人の予定だが、まだ選考中の地域もあり、内々定が決まった人には順次送っているという。公式サイトに掲載されたお知らせによると、個人情報の流出はなかった。サイトでは、



「皆様にはご心配並びにご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」


と謝罪した。