2019年度の新入社員、会社に望むのは「居心地の良い環境で無理なく働ける」こと 企業理念はどうでもいい?

       
2019年度の新入社員、会社に望むのは「居心地の良い環境で無理なく働ける」こと 企業理念はどうでもいい?


リンクアンドモチベーションは7月5日、「2019年新入社員意識調査」の結果を発表した。調査は今年4月に実施。同社が提供する新入社員研修を受講した企業の新入社員のうち、567人から回答を得た。


新入社員は待遇の良さや働きやすさを求める一方で、企業理念や事業の将来性への期待は低く、「居心地の良い環境で、無理なく働ける」ことを望む傾向が見られた。


新卒採用で働きやすさを前面に押しだすのは「目的なき入社を招く可能性が高い」


調査では、同社が設定した、組織への帰属要因となる4因子(目標、活動、人材、条件)を元に、「会社基盤」や「仕事環境」などの16領域・全64項目について、期待度、満足度を5段階で回答してもらった。


期待度が最も高かったのは「休暇や休日の取得状況」。2位は「家賃など補助手当」で、3位「風通しの良さ」、4位「快適な職場環境」、5位「責任ややりがい」だった。


調査では、期待度の高い項目ほど満足度が低いことも明らかになった。「企業理念」など組織に関わる項目の期待度が低いことからも、「今年の新入社員は"組織志向"が弱いことが分かる」と分析していた。


ただ、組織志向が弱いのは既存社員でも同様だ。既存社員に対して行った、同様の調査を過去5年分を分析したところ、「理念の発信と伝達」、「理念の現場浸透度」など、企業理念に関する期待度が低下していた。


最近の売り手市場では、会社の働きやすさをアピールポイントとする企業も多い。しかし同社は、



「このような"個人"の欲求充足に偏った採用メッセージの発信は、目的なき入社を招く可能性が高い」


と、警鐘を鳴らす。同社では、新入社員の採用にあたり、「採用段階から新入社員の自社に所属する意味を明確にし、彼らの"組織志向"を醸成する努力」や「入社後、新入社員を受け入れる既存社員の"組織志向"を醸成すること」が求められるとしている。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「2019年度の新入社員、会社に望むのは「居心地の良い環境で無理なく働ける」こと 企業理念はどうでもいい?」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    生活するための金を稼ぐのに企業理念なんて関係ないね。就職活動時だけ企業理念に賛同とか言っておけばいいんだから。

    6
  • 匿名さん 通報

    無理やり残業とかさせないでほしい。

    4
  • 匿名さん 通報

    新卒で入社した会社に人生の大半を捧げる終身雇用時代ならともかく、今の時代に企業理念うんぬん言ってもしゃーないでしょ

    3
  • 匿名さん 通報

    居心地のい良い会社ってのは規制業界で競争のない業界でないと無理やな。昔は電力・ガス・電話会社はあぐらかいて商売できたから居心地良かったが、今はそんな会社は斜陽業界にしかないやろ。

    1
  • 匿名さん 通報

    ひと月一日出勤で百万くれ

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。