転職希望者の約8割がハラスメント被害を経験 対応方法1位は「退職した」、2位「我慢して自然消滅した」

転職希望者の約8割がハラスメント被害を経験 対応方法1位は「退職した」、2位「我慢して自然消滅した」
拡大する(全2枚)


ワークポートは7月17日、ハラスメントに関する調査結果を発表した。調査は今年6月、同社を利用する求職者470人を対象に実施した。


これまで何らかのハラスメントを受けたことがある人は76.4%と、約8割にハラスメント経験があった。被害を受けた359人に、受けたハラスメントの種類を聞くと、最も多かったのはパワハラ(92.5%)、2位はモラハラ(43.7%)、3位はセクハラ(23.7%)だった。


弁護士などに専門家に相談した人は5%以下


ハラスメント被害の経験がある人にどのように解決したのか複数回答で聞くと、最も多かったのは「退職した」(42.9%)だった。2位には「我慢して自然消滅した」と「今も解決していない」が28.1%で並んだ。


ハラスメント被害者の多くが根本的な解決に至らず、泣き寝入りしたか、現在進行形で苦しんでいることがわかる。公的機関や弁護士といった専門知識をもつ人に相談したという人は、いずれも5%以下だった。


対象者全員に、現在の会社、もしくは直近に勤めていた会社で何らかのハラスメント対策を行っているか質問したところ、「行っている」(32.1%)、「行っていない」(45.3%)、「わからない」(22.6%)だった。対策の具体的な内容は、



「防止ガイドラインの作成、相談窓口の設置」(30代・男性・システムエンジニア)
「対策チームが存在し、調査などを行って改善できない場合はハラスメントを行った人に退職勧告」(20代・男性・クリエイター)


この記事の画像

「転職希望者の約8割がハラスメント被害を経験 対応方法1位は「退職した」、2位「我慢して自然消滅した」」の画像1 「転職希望者の約8割がハラスメント被害を経験 対応方法1位は「退職した」、2位「我慢して自然消滅した」」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク