「仕事を選べるなら再び中学教員に」日本が他国より少ない理由 教師の仕事が「外れる子を出さない品質管理」になっているため?

「仕事を選べるなら再び中学教員に」日本が他国より少ない理由 教師の仕事が「外れる子を出さない品質管理」になっているため?
       

「学校の先生」は、人を育てるやりがいのある職業のはず。しかし、7月15日付の朝日新聞デジタルの記事によると、OECDが行なった世界の教職者に対する調査では、中学校教諭を「再びやりたい」と思う人の割合は、日本では54.9%。他国平均75.8%と比べてかなり低いという。


7月18日放送の「モーニングcross」(TOKYO MX)では、慶應義塾大学特任准教授などを務める若新雄純氏が生出演し、この問題を掘り下げた。「両親も妹もおじさんも公立学校の先生」という若新氏は、教員に求められている役割や本音をよく知る立場として、「教師の仕事がクオリティーマネジメント、品質管理者的になっている」などと解説。今後の課題を語った。(文:okei)


■先生には「マイナスをどれだけ減らすか」が期待されている



世間では部活や労働環境の過酷さが叫ばれる中学教員だが、若新氏は、先生の待遇はそう悪くないと語る。自身の妹も「育休を丸々3年取っても復職できる」し、両親も「環境や待遇にめちゃくちゃ不満を持っていたかというとそれほどでもない」という。


では、「そんなに悪い職業でもないのに、なぜまたやりたいと思わないのか?」という話だが、若新氏が父親を見ていて感じたのは、学校の先生が「品質管理的な仕事」に追われてしまっているのではないかということだった。


自宅に訪ねてくる先生同士の会話を聞いていると、「こんなすごい才能、可能性がある子がいて」という話よりも「うちの学校にはこんな問題の子がいる、事件やトラブルがある」という話のほうが多く、「乱暴な言い方をすれば、品質管理的(クオリティーマネジメント)な仕事が優先されていた」という。


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。