【吉本会見】高橋真麻「本質は"反社からお金を貰った"というところ」、箕輪厚介「全く違う問題が2つあることを認識すべき」

【吉本会見】高橋真麻「本質は"反社からお金を貰った"というところ」、箕輪厚介「全く違う問題が2つあることを認識すべき」


反社会的勢力への"闇営業"問題をめぐって吉本興業は7月22日、会社として記者会見を開いた。会見は5時間半に及んだが、岡本昭彦社長の回問が記者の質問と噛み合ってないことが多く、ツイッターでは「ひどい会見」など批判が相次いでいる。


翌23日放送の「スッキリ」でもこの会見が取り上げられた。フリーアナウンサーの高橋真麻さんは、宮迫博之さんが20日に行った謝罪会見を「人生をかけた会見」と評し、吉本側の会見は「今回の件に対する熱量があまりにも違うから、それが画面に出たなって感じ」と話した。


また、宮迫さんは当初、反社会的勢力からギャラを貰っていないとコメントしていた。その後、実は授受があったと分かり、世論は宮迫さんをバッシングしていたと指摘。しかし、謝罪会見を行ったことで、



「『芸人対吉本』という構図になった瞬間、世論が真逆にひっくり返ったっていうのは不思議だなって。元々の本質は芸人さん対吉本じゃなくて、"反社会勢力からお金を貰った"っていうところから発しているのに、全然違う話で同じ人の見方が180度変わる大衆心理というか、世論にもまた違う問題っていうか(がある)」


とコメントした。


■本来、"反社"との関係の有無を確認すべきなのに「こんな早く有耶無耶に」


幻冬舎の編集者である箕輪厚介さんも同意し、「今回、全く違う問題が2つあるっていうのを認識しなきゃいけない」と語る。当初は、知らずにとは言え、宮迫さんらが反社会的勢力の会合に参加し、金銭の授受があったことが問題視されていた。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年7月23日の社会記事
「【吉本会見】高橋真麻「本質は"反社からお金を貰った"というところ」、箕輪厚介「全く違う問題が2つあることを認識すべき」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    箕輪って、幻冬「舎」は出版「社」じゃなくて組=893で、自分は舎弟で見城徹は組長だって言ってる男じゃん⁉️もろ反社じゃん‼️そう言やぁ先日謝罪した見城は岡本昭彦に、箕輪は藤原寛にクリソツじゃん❗️

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。