京アニは「麻薬の売人以下」大阪芸大教授のコラムに批判殺到 記事を削除する事態に

京アニは「麻薬の売人以下」大阪芸大教授のコラムに批判殺到 記事を削除する事態に
拡大する(全2枚)


ビジネスメディア「INSIGHT NOW!」に7月21日に掲載された、大阪芸術大学の純丘曜彰教授のコラム「終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌」が批判を浴びている。京都アニメーションの事件を受け、アニメ業界全体に働き方や作品作りの是非を問うものだったが、京都アニを始めとするアニメ制作会社について、



「夢の作り手と買い手。そこに一線があるうちはいい。だが、彼らがいつまでもおとなしく夢の買い手のままの立場でいてくれる、などと思うのは、作り手の傲慢な思い上がりだろう」
「ジュブナイルアニメが、いくらファンが付き、いくらそれで経営が安定するとしても、偽の夢(絶対に誰も入れない隔絶された世界)を売って弱者や敗者を時間的に搾取し続け、自分たち自身もまたその夢の中毒に染まるなどというのは、麻薬の売人以下だ」


などと表現していた。


キャリコネニュース編集部が確認したところ、記事は24日に読めなくなっていた。その後、内容を大幅に削減した上で「終わりなき日常の終わり」のタイトルで再掲され、末尾に「この記事は、大阪芸術大学の意見・見解を代表・代弁するものではありません」と追記されていたが、25日夕方には、記事は再度削除され読めなくなっていた。


作品は「似たり寄ったりの繰り返し」などと批判


削除された記事は元々、4000字ほどあった。京アニの事件を「あまりに痛ましい」としながらも、「アイドルやアニメは、そのマーケットがクリティカルな連中であるという自覚に欠けている」と指摘するなど、事件の容疑者の肩を持つような表現もあった。


この記事の画像

「京アニは「麻薬の売人以下」大阪芸大教授のコラムに批判殺到 記事を削除する事態に」の画像1 「京アニは「麻薬の売人以下」大阪芸大教授のコラムに批判殺到 記事を削除する事態に」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「京アニは「麻薬の売人以下」大阪芸大教授のコラムに批判殺到 記事を削除する事態に」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    そもそもアニヲタはキモいって事が確定されている。今回の事件でなおさら上書きされただけ()

    1
  • 匿名さん 通報

    作品の名前を読んだだけでアニメを叩きたくなる気持ちが分かった。アニメ化を断られた逆恨みだろうな。

    0
  • 匿名さん 通報

    商売敵?

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。