終身雇用のない社会で労働者は「勝手に育っていくしかない」就活アウトロー採用のトークイベント開催

終身雇用のない社会で労働者は「勝手に育っていくしかない」就活アウトロー採用のトークイベント開催
拡大する(全2枚)


「就活アウトロー採用」を実施するキャリア解放区は7月17日、都内でイベント「『就活アウトロー採用』から見えてくる終身雇用崩壊後の新卒採用、働き方とは?」を開催した。企業の人事担当者や経営者らを対象に開かれたイベントでは、アクセンチュアでマネジングディレクターを務める坂本啓介さん、人材研究所所長の曽和利光さん、慶應義塾大学特任准教授の若新雄純さんによるトークセッションが開かれた。


就活アウトロー採用とは、就活のバカバカしさに就活をやめた若者を対象にした就職サービス。29歳までの就業経験のない若者なら第二新卒や中退者も参加できる。


トークセッションでは、「素の自分」と「仮面」をキーワードに、終身雇用崩壊後の労働環境について議論が交わされた。


新卒の育成機能は企業に残る 課題は「40代、50代以降の学び直しをどこが担うか」


今年5月、経団連会長の「終身雇用難しい」発言が話題になった。今後は雇用の流動化が進むと言われているが、その場合、これまで企業が担ってきた人材育成の機能はどうなるのだろうか。


曽和さんは、終身雇用が崩壊しても、企業の新卒を育成する機能は変わらないと見る。それより課題になるのは、就労期間が延びるにつれて必要になってくる労働者の「学び直し」や能力開発の機会が、どこで担保されるのかという問題だ。


年金の支給開始年齢は今後、後ろ倒しされると予想されている。70歳や75歳でも働く必要のある社会では、新卒時の能力開発に加え「40歳で1回、50歳から60歳くらいに1回」の学び直しが必要になると指摘した。


この記事の画像

「終身雇用のない社会で労働者は「勝手に育っていくしかない」就活アウトロー採用のトークイベント開催」の画像1 「終身雇用のない社会で労働者は「勝手に育っていくしかない」就活アウトロー採用のトークイベント開催」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「終身雇用のない社会で労働者は「勝手に育っていくしかない」就活アウトロー採用のトークイベント開催」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    大企業が終身雇用制度を止めてしまったら、日本の社会が崩壊するね。銀行だって金を貸さなくなるし個人を保証する制度が無いと現金のみって事になるよね??

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。