【体験レポ】「睡眠用うどん」で寝てみた もちもちの"麺"にまみれて眠る安心感がヤバい

【体験レポ】「睡眠用うどん」で寝てみた もちもちの"麺"にまみれて眠る安心感がヤバい


掛け布団の代わりに使う「睡眠用うどん」が依然話題となっている。ヘッドスパ「悟空のきもち」を経営するゴールデンフィールドが開発した、うどんのような形状をした布団だ。


8月7日に商品ページを公開すると、約8時間で初回生産分の500枚が完売した。現在、注文を受け付けているのは今年11月に届く第4期生産(5000枚)分。現在1分に1枚のペースで売れているという。


ネット上では「何これ」とザワつきながらも、「めっちゃ気になる」「欲しい」という声が相次いでいる。実際のところどんな寝心地なのだろうか。実際に寝てみた。


■"麺"の間から睡眠用うどんに潜り込むと安心感に包み込まれた


睡眠用うどんは「タテ麺」と称した細長いクッション8本と、並べたタテ麺の両端を固定する「ヨコ麺」から構成される。タテ麺とヨコ麺は一人で簡単に組み立てられ、アタッチメント枕と春夏用のレースが付いている。


【体験レポ】「睡眠用うどん」で寝てみた もちもちの"麺"にまみれて眠る安心感がヤバい


麺はソフトボール大くらいの太さだろうか。しっとりした触感で、思っていたより少し重い。"もちもち"といった触感だ。睡眠用うどんは、掛け布団のように使用することもできるが、麺の間をくぐって入ることもできる。


【体験レポ】「睡眠用うどん」で寝てみた もちもちの"麺"にまみれて眠る安心感がヤバい


いざ中に入ると、今までに感じたことのない感覚に困惑した。従来の布団は長方形で、体の上にかぶせるものだが、麺同商品は手足を出すことができる。しかも麺の感触が気持ちいい。幼い時に大好きだったボールプールにダイブしたときのような嬉しさがある。


【体験レポ】「睡眠用うどん」で寝てみた もちもちの"麺"にまみれて眠る安心感がヤバい


一方、安心感もあった。睡眠用うどんのほどよい重みが心地よい。大好きな人に抱きしめられたような感覚でもある。自然と体から力が抜け、しばらく黙っていたらすぐに寝落ちてしまいそうになった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。