マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのは「手に入りやすい」「犯罪をとどまらせるため」

記事まとめ

  • 「モーニングショー」で、あおり運転をした男性をかくまったとされる女性の高校時代の卒業アルバム写真が報じられた。
  • 井上トシユキ氏は、卒業アルバムの写真が使われるのは「手に入りやすく、提供した人が特定されにくい」ためで、顔を晒されないようにしようと犯罪を思いとどまらせるためだという。
  • 同氏はアルバムを提供した人の「犯人探し」が行われることも増えてきたため、モザイクなどをかけるといった配慮は増えていくのではないかと予測している。

マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのはなぜ? プライバシー保護と「犯罪抑止」の問題

マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのはなぜ? プライバシー保護と「犯罪抑止」の問題


常磐道で8月10日に起きたあおり運転殴打事件に関連し、事件報道のあり方に疑問が出ている。21日の『モーニングショー』(テレビ朝日系列)では、あおり運転をした男性をかくまったとされる女性の、高校時代の卒業アルバム写真が報じられた。ネットではこれに「卒アル晒しはきつい」「ちょっとした恐怖」と、否定的な意見を持つ人が多かった。


タレントのフィフィさんも同日、ツイッターで、



「卒アル晒しって被害者にしろ加害者にしろ何の意味があるのか私は分かりません。彼女の行動が今後問われていくにせよ、好奇心を煽るような報道をする側にも色んな感情が生まれてしまいます」


と素朴な思いを綴っている。リプライ欄には、「卒業アルバムまで晒すのは、確かにやり過ぎ」「仰る通り」などの声のほか、「自分が被害者だったらこのくらいはなんとも思わない」という意見もある。


「卒業アルバムは提供した人が特定されにくいため、一番手に入りやすい」


事件報道で加害者や被害者の卒業アルバムの写真が出てくる理由を、ITジャーナリストの井上トシユキさんは「加害者の顔写真を出すのは犯罪抑止のため」と説明する。「よほどの凶悪事件でも無い限り顔写真はいらないと思う」とも言うが、「凶悪事件の線引きは難しい」のも事実だ。



「何が凶悪事件なのかは人によります。量刑で決めるのも難しいです。例えば性犯罪の量刑は軽いですが、性犯罪者は再犯率が高いため、重大ではないとも言えません。『悪いことをすると晒されるから気をつけよう』と、犯罪を思いとどまらせるためにも、加害者をある程度は晒し者にしないといけない部分もあります。顔を晒すなという気持ちは分かりますが、現実的には難しいです」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年8月21日の社会記事
「マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのはなぜ? プライバシー保護と「犯罪抑止」の問題」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    マスコミの使命感ゼロ… 安易なだけでうそぶく言い訳は逆効果で見苦しい… さぁてネット、ネット

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。