マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのは「手に入りやすい」「犯罪をとどまらせるため」

記事まとめ

  • 「モーニングショー」で、あおり運転をした男性をかくまったとされる女性の高校時代の卒業アルバム写真が報じられた。
  • 井上トシユキ氏は、卒業アルバムの写真が使われるのは「手に入りやすく、提供した人が特定されにくい」ためで、顔を晒されないようにしようと犯罪を思いとどまらせるためだという。
  • 同氏はアルバムを提供した人の「犯人探し」が行われることも増えてきたため、モザイクなどをかけるといった配慮は増えていくのではないかと予測している。

マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのはなぜ? プライバシー保護と「犯罪抑止」の問題


事件報道で卒業アルバムの写真が使われるのは、「一番手に入りやすく、提供した人が特定されにくいため」だ。マスコミは事件があった際、加害者や被害者の関係者に取材を試みる。とはいえ多くは「取材お断り」のため、住所が分かれば近所の人に話を聞きに行くのが主流だ。



「そこでお借り出来る写真がないか聞いたとき、『卒業アルバムであれば』と出す方は多いです。個人的に撮影した写真を出すと、提供した人がすぐに分かってしまうと恐れるのです。しかし、最近では着用している制服から学校を割り出し、卒アルを提供した人の『犯人探し』が行われることも増えてきました。こうしたことから、提供を嫌がる人も多くなってきました」


今後の事件報道は、「加害者の報道でも、目線に線が入ったりモザイクがかかったりといった配慮は増えていくのではないか」と予測する。一方で、被害者報道の場合はケースバイケースだとする。



「被害者の名前・写真が出ることで好奇の目に晒され、プライバシーがほじくり返されるのはよろしくありません。しかし京アニの事件では、『名前を出すことで事件の重大さが分かる』と、公表を望む遺族もいました」


世論が事件報道のあり方に影響を与える日も、そう遠くないかもしれない。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「マスコミが事件報道で卒アル写真を晒すのはなぜ? プライバシー保護と「犯罪抑止」の問題」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    マスコミの使命感ゼロ… 安易なだけでうそぶく言い訳は逆効果で見苦しい… さぁてネット、ネット

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。