アパレル販売員の4割「年収200万円台」 仕事の不満は「給与が少ない」「休日が少ない、休みの希望が合わない」

アパレル販売員の4割「年収200万円台」 仕事の不満は「給与が少ない」「休日が少ない、休みの希望が合わない」
拡大する(全2枚)


アデコは8月28日、アパレル販売員を対象にした意識調査の結果を発表した。調査は今年7月にネット上で実施し、アパレル販売員としての勤務歴1年以上で20~30代の男女400人から回答を得た。


アパレルの仕事をしている理由を聞くと、最も多かったのが「ファッションが好きだから」(62.5%)。以降、「接客の仕事が好きだから」(44.5%)、「自分に向いていると思うから」(40.8%)、「やりがいを感じる仕事だから」(37.5%)と続く。


■「条件が整えばアパレルの仕事を続けたい」8割が回答 理由は「給与の低さ」


現在の勤務先で働いている理由を聞くと、1位は「勤務地が希望に合っているから」(51.3%)。2位以降、「職場の人間関係が良いから」(51%)、「勤務先で扱っている商品が好きだから」(46.5%)、「福利厚生(社割や各種補助・手当など)が魅力的だから」(44%)と続く。


年収は「200万円台」が最も多く、42.5%。以降、「300万円台」(25.5%)、「100万円台」(13%)、「400万円台」(10.8%)と続く。


仕事にやりがいを感じるときは、「店舗全体の売上が伸びたとき/目標を達成したとき」(68%)が最も多かった。「個人の売上が伸びたとき/目標を達成できたとき」(48.3%)を20ポイント近くも上回っていることから、同社は「アパレル販売員の多くは、個人の成績よりも店舗全体の売上の増加や目標の達成に重きを置いている」とコメントしている。


この記事の画像

「アパレル販売員の4割「年収200万円台」 仕事の不満は「給与が少ない」「休日が少ない、休みの希望が合わない」」の画像1 「アパレル販売員の4割「年収200万円台」 仕事の不満は「給与が少ない」「休日が少ない、休みの希望が合わない」」の画像2

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アパレル販売員の4割「年収200万円台」 仕事の不満は「給与が少ない」「休日が少ない、休みの希望が合わない」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    アパレルは、色柄・サイズの違う服を何十着と仕入れて、そのうち何着か売れたらいいかなという打率の低い商売。販売員に給料を払う余裕はほとんど無いのが普通。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。