見せかけの働き方改革に苦しむ人「残業→サビ残。所得もやる気も落ちた」「残業はするな、基本給は上がらず。何が働き方改革じゃ」

見せかけの働き方改革に苦しむ人「残業→サビ残。所得もやる気も落ちた」「残業はするな、基本給は上がらず。何が働き方改革じゃ」


経営者の中には、「働き方改革=残業をさせない」と安易に考える人がいる。長時間労働をなくすのは大切だが、残業規制は手段のひとつにすぎず、業務フローの見直しや適切な人員配置の検討とセットで考えなければならない。


キャリコネニュース読者からは、表面的で"雑"な改革をされて迷惑という声が続々と寄せられている。



「残業はするな、土曜日、日曜は休め 基本給は上がらず!実質賃金低下!何が働き方改革じゃ」(40代男性、技術職)
「残業代なしで生活は苦しく、残業削減ルールが厳しく必要な仕事まで削減、あるいは自宅に持ち帰りしている」(50代男性、管理・事務職)


■「現場管理職が『朝残業』を推奨し、朝6時から働く社員も発生するようになった」


技術職の40代男性の勤務先では、全社的に20時以降の残業規制が強まった。そのため月に一定回数以上、20時以降の残業をする場合、周りからの圧力がかかるようになったという。男性は、「残業を削減すること自体は好ましいこと」としながらも、



「業務そのものが改善されず業務量が多いのと、緊急対応等で残業を避けられない場合もあり、この場合は現場管理職が『朝残業』を推奨することで朝6時や7時から働く社員も発生するようになった」


と書いている。夜は早く帰るかわりに、朝早く出社する状況になっているのだ。男性の職場、実は働き方改革以前から、朝早くの出社は許されていた。個人の事情で「朝残業」か「夜残業」か自由に選べたのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年8月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。