サービス残業に疲弊する人々「離職者が多すぎて1年在籍するとベテラン」「休日も上司から電話がかかってきて休めない」

サービス残業に疲弊する人々「離職者が多すぎて1年在籍するとベテラン」「休日も上司から電話がかかってきて休めない」


働き方改革によって、残業を減らそうという風潮は高まってはいる。しかし実際には「現場を回すため」「まわりの人に迷惑をかけてはいけない」という責任感や、「給料以上にやりがいがある」という前向きな思いなど、様々な理由から「サービス残業やむなし」と考える人が多いようだ。口コミサイト「キャリコネ」には、サービス残業に苦しむ人の投稿が多く寄せられている。



「残業は見せかけ上はなく、ホワイト企業だ。しかし、実態は怪しい箇所が多い。研修という名のサービス残業が多い。飲み会・社内行事が多い。決して断れる雰囲気ではない。正直、残業代のある会社で残業をしていた方がコスパがいいのではないかと思う」(代理店営業、20代前半、男性、正社員、年収500万円)


■「営業や中間管理職はサービス残業が当たり前。勤務地や上司次第で100時間超える」



「基本的にはサービス残業が多い。私の場合は、月150時間程度、20時間は残業代ついていた。仕事量が多いので、他の人も同等だったと思われる」(技術関連職、30代前半、男性、正社員、年収800万円)
「残業低減を掲げているが、サービス残業が多い。特に営業や中間管理職はサービス出勤、サービス残業が当たり前なので、勤務地や上司次第で残業が100時間を越える場合もある」(プラント施工管理、20代前半、男性、正社員、年収500万円)


このように、「働き方改革」の形骸化を嘆く口コミは多数ある。なかには、「サービス残業」ならぬ「サービス休日出勤」も当たり前な会社も。役職に就くと、急にサービス残業が増えるところもある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

キャリコネの記事をもっと見る 2019年9月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら