「信号機のない横断歩道」で8割以上の車が一時停止せず ワースト3は三重、青森、京都

「信号機のない横断歩道」で8割以上の車が一時停止せず ワースト3は三重、青森、京都


日本自動車連盟(JAF)は10月10日、「信号機のない横断歩道での一時停止」をテーマにした調査結果を発表した。同連盟の職員が今年8月、都道府県ごとに2か所ずつ計94か所で調査し、信号機が設置されていない横断歩道を通過する車両9730台を対象にまとめた。


歩行者が"横断待ち"をしている際、横断歩道を通過しようとするドライバーが一時停止する回数を全国で集計したところ、1660台(17.1%)だった。前年の8.6%から2倍近く向上したが、依然8割以上のドライバーが「歩行者優先」を守っていないことが分かった。


都道府県別の上位、下位を紹介 「あなたの住むエリアは、交通マナー良い?悪い?」


ワースト3は、三重(3.4%)、青森(4.4%)、京都(5.0%)。一方、交通マナーをしっかりと守って停車していた上位5位は、長野(68.6%)、静岡(52.8%)、兵庫(43.2%)、島根(41.2%)、新潟(36.2%)だった。


2年前に同社がネット上で実施した「一時停止しない理由」についての調査では



「自分の車が停止しても対向車が停止せず危ないから」
「後続から車がきておらず、自分が通り過ぎれば歩行者は渡れると思うから」
「横断歩道に歩行者がいても渡るかどうか判らないから」


といった声があったという。だが、道路交通法では、横断歩道近くに横断しようとする歩行者がいる時は、手前で一時停止し、歩行者の通行を妨げないようにしなければいけない「横断歩道の歩行者優先」を定めている。歩行者も手を挙げて横断歩道を渡るなどの意思表示をして、互いに事故のない交通社会づくりに努めたい。

あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「信号機のない横断歩道」で8割以上の車が一時停止せず ワースト3は三重、青森、京都」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    単独で走っている時は停止します。しかし後続車がいる場合は止まりません。ポンピングブレーキで事前に合図したのにもかかわらず判断能力のない老人が運転する車に追突されたからです。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。