どんな会社でも活躍できる人材になるには? 3つの原則「時を守り、場を清め、礼を正す」を守ることから始めてみる

どんな会社でも活躍できる人材になるには? 3つの原則「時を守り、場を清め、礼を正す」を守ることから始めてみる
拡大する(全3枚)


どんな会社に行っても活躍できる人材になるには、どうすればいいのでしょうか。「活躍」という言葉にどんなイメージを思い浮かべますか? 「利益を出すこと」「その会社にとってなくてはならない存在になること」「相手の期待に応えること」。色々な解釈があるかと思います。


「活躍」という言葉を辞書で引くと、「めざましく活動すること」と出てきます。そのように活動し、会社や社会に良い影響を与える人。そんな人材になるためには何が必要なのでしょうか?(文:ビジネスコーチ 駄田井 一孝)


■経営者から"3原則"が出来ていない従業員への不満が出てくる傾向


今は亡き教育哲学者の森信三先生が、会社を良くしようとしたら、まずこの3つから始めるとよいという3原則を提唱しています。それは「時を守り、場を清め、礼を正す」です。



時を守る…時間や期限を守る。
場を清める…履物を揃える。机の上の整理整頓をする。
礼を正す…挨拶をする。ハイと元気よく返事をする。


上記3つは、そんなの当たり前でしょう、と思われる事です。しかし、その当たり前のことが出来ていない、もしくは出来ていないことで周囲に影響を与えていることがあるのです。


経営者から、従業員に対しての課題や要望を聞くことがよくあります。その課題の中に、上記の3つがよく出てきます。



「〇〇さんは、机の上が片付いていない。整理整頓ができない」
「〇〇さんは、時間ギリギリに行動する。遅れても連絡が来ない」
「〇〇さんは、挨拶をしない。呼ばれても返事をしない」


この記事の画像

「どんな会社でも活躍できる人材になるには? 3つの原則「時を守り、場を清め、礼を正す」を守ることから始めてみる」の画像1 「どんな会社でも活躍できる人材になるには? 3つの原則「時を守り、場を清め、礼を正す」を守ることから始めてみる」の画像2 「どんな会社でも活躍できる人材になるには? 3つの原則「時を守り、場を清め、礼を正す」を守ることから始めてみる」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク