【医薬品業界編】給与の満足度が高い企業1位は第一三共「課長・主任研究員で年収1100~1500万円。年功的に収入があがる傾向」

【医薬品業界編】給与の満足度が高い企業1位は第一三共「課長・主任研究員で年収1100~1500万円。年功的に収入があがる傾向」


企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は10月、「医薬品業界の給与の満足度が高い企業ランキング」を発表した。医薬品業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「給与の満足度」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】


1位は「第一三共」で、給与の満足度は4.45。2位以降、「武田薬品工業」(4.23)、「アステラス製薬」(4.15)、「エーザイ」(3.77)、「大日本住友製薬」(3.70)、「ファイザー」(3.68)、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(3.63)、「アストラゼネカ」(3.56)、「ノバルティスファーマ」(3.55)、「グラクソ・スミスクライン」(3.39)と続く。


■第一三共は事業所内に保育所4施設設置 育児・介護の支援に注力


1位の第一三共については、



「課長や主任研究員で、年収1100?1500万円。年功的に収入があがる傾向があり、20代・30代は同期であまり差が開かない。日本企業的な賃金体系。業界内の平均年収としては、恵まれている」(研究開発/40代後半男性/年収1400万円/2018年度)


といった口コミが寄せられている。第一三共は、「三共」と「第一製薬」との共同持株会社として2005年に設立された国内大手医薬品メーカー。グループ全体でイノベーティブ医薬品やジェネリック医薬品、OTC医薬品、ワクチンなど幅広い医薬品を扱っている。


社員が働きやすい環境づくりに積極的に取り組む同社は、対外的にも評価されている。育児支援に積極的な企業として2009年から継続的に厚生労働省から認定され、「くるみん」マークを取得。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る 2019年11月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。