宝塚市の「就職氷河期世代」限定採用 男女4人に内定、県内外に取り組み広がる

記事まとめ

  • 兵庫県宝塚市は、本年度から「就職氷河期世代」を対象にした職員採用を実施。
  • 3人程度の採用枠に全国から1816人が応募、男女4人に内定を出した。
  • 同様の取り組みは県内の三田市や加西市、愛知県や和歌山県など県内外に広がっている。

宝塚市の「氷河期世代」限定採用、2人は無職、1人は非正規 「他自治体からの問い合わせ相次いでいる」と担当者

宝塚市の「氷河期世代」限定採用、2人は無職、1人は非正規 「他自治体からの問い合わせ相次いでいる」と担当者


本年度から「就職氷河期世代」を対象にした職員採用を実施していた兵庫県宝塚市は11月、男女4人に採用内定を出したと発表した。採用は来年1月1日付けで、いずれも正規職員として事務職に従事する。


就職氷河期世代は、バブル崩壊後の1993~2004年ごろに、就職活動が厳しい状況に置かれ、満足のいく就職が難しかった現在の30代半ば~40代半ばが該当する。この世代の人々は、今もフリーターや派遣労働といった社会保険の無い非正規雇用や、無職の人が多いといわれている。


3人程度の採用枠に全国から1816人が応募


同市の中川智子市長は、社会問題化した氷河期世代の就労支援について「何かできないか」と考え、4月ごろから同市で雇用することを考え始めた。8月には「就職氷河期世代を対象とした採用試験です。ぜひ一緒に宝塚市で働きましょう!!」と銘打って、募集要項をリリース。「事務職3人程度(高卒以上)」の枠に、全国1816人から応募が殺到したという。


その後、今月までに筆記試験、2回の面接などを経て、40~45歳の男女4人の採用を内定した。同市の人材育成課によると、4人のうち2人は現在無職で、1人は非正規雇用。同課の担当者はキャリコネニュースの取材に対し、



「氷河期世代に正規雇用を増していくという目的は達成できたと考えています」


とコメントし、「今後、それぞれの経歴や適性などを見極めた上で、配属部署を決める」としている。


氷河期世代採用の動き、兵庫県内外に広がる


当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。