子どもを私立中学に通わせる母親、「地元の友だちがいなくて可哀想」と言われ怒り心頭 「ヤンキーじゃあるまいし地元にこだわる意味が分からない」

子どもを私立中学に通わせる母親、「地元の友だちがいなくて可哀想」と言われ怒り心頭 「ヤンキーじゃあるまいし地元にこだわる意味が分からない」
拡大する(全2枚)


ヤフー知恵袋に11月上旬、「近所に建売が出来、30前くらいの家族が住み始めました」という相談がありました。相談者は、長男を難関私立中学に通わせ、「下の子たちも受験させるつもり」という母親です。勉強や習い事が忙しく、下校後は子どもを近所の公園などで遊ばせることも無いようです。


しかし、建売住宅の住人たちは「子ども同士を遊ばせたい、ママ友を作りたい」という様子で気張っているとのこと。「同じような若いママ同志でくっついて、やたら仲間意識が強い」と相談者は綴ります。先日、その若いママたちと立ち話をしていると、相談者のお子さんのことを、



「地元の友達ずっと大切~なんか可哀想」
「地元で遊べるお友達がいなくて可哀想だね」


と言われました。相談者は「習い事が忙しい」と伝えましたが理解してもらえず、「ヤンキーじゃあるまいし地元にこだわる意味が分かりません」と怒り心頭です。(文:篠原みつき)


■「主人も大学時代、社会人と、ステータスにあった友人がいる」と相談者


相談者は、「受験するなら小さな頃から年中公園で遊んでいられません」として、



「可哀想って、何が可哀想なんでしょうか?」


と疑問を投げかけています。


この相談は2万5000以上閲覧され注目を集めました。今の子どもは少子化の上に塾や習い事で忙しく、友だちと遊ぶ機会は少ないもの。若いママの言う意味も分かりますが、回答は「若いママさんが失礼」「ほっとけ!って感じ」という意見が大半でした。相談者は返信に、夏休みは中学のお友だちが遊びに来たことや、「電車もある時代に……」などと呆れた気持ちを書き、こんな考え方を吐露しています。


この記事の画像

「子どもを私立中学に通わせる母親、「地元の友だちがいなくて可哀想」と言われ怒り心頭 「ヤンキーじゃあるまいし地元にこだわる意味が分からない」」の画像1 「子どもを私立中学に通わせる母親、「地元の友だちがいなくて可哀想」と言われ怒り心頭 「ヤンキーじゃあるまいし地元にこだわる意味が分からない」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク