スマホのせいで失ったもの2位「お金」、3位「視力」 6割が「歩きスマホにイライラ」と回答
拡大する(全2枚)


ソニー生命保険は11月28日、「スマートフォンに関する意識・実態調査」の結果を発表した。調査は今年10月にネット上で実施し、20~69歳の男女1000人から回答を得た。


「スマホ依存をしている」と回答した人は57.2%。年代別に見ると、20代で78.0%、30代で74.0%、40代で54.0%、50代で49.5%、60代で30.5%と若い年代ほどスマホ依存が高い傾向にある。


■「会話をしながらいじる人」にイライラする人は7割


「スマホ疲れをしている」と回答した人も、20代で69.5%、30代で74.0%と若い世代ほど高い割合となっている。また、「スマホ断ち」についてはどの年代でも「したいとは思わない」が多数はだが、「してみたい」は20代が最も多く42.0%、30代で35.5%となった。


スマホのおかげで手に入れたもの1位は「知識・情報」(147件)で、以降「便利さ」(116件)、「時間」「友達」「連絡手段」(同36件)が上位に入る。一方、失ったもの1位は「時間」(265件)で、「お金」(75件)、「視力・目の健康」(64件)がトップ3に入った。


他人のスマホ利用について、どのくらいイライラするかを聞いた。「会話をしながらいじる人」に対してイライラする人は69%。「食事をしながらいじる人」は61.8%、「歩きながらいじる人」は64.7%なった。「満員電車でいじる人」にイライラするという人も29.6%いる。


この記事の画像

「スマホのせいで失ったもの2位「お金」、3位「視力」 6割が「歩きスマホにイライラ」と回答」の画像1 「スマホのせいで失ったもの2位「お金」、3位「視力」 6割が「歩きスマホにイライラ」と回答」の画像2