男女格差、日本は先進国最低の121位に 中国は106位、韓国は108位

男女格差、日本は先進国最低の121位に 中国は106位、韓国は108位
       


世界経済フォーラムは12月16日、ジェンダーギャップ指数(世界男女格差指数)を発表した。同指数は、世界153か国の政治、経済、教育、健康の4分野のデータを元に、国別に男女格差を分析した指数。2006年から毎年発表している。


日本は過去最低を更新して121位(前年110位)で、主要7か国(G 7)中では最下位だった。アジア主要国と比較しても、中国の106位(同103位)、韓国の108位(同115位)に及ばなかった。


日本、順位下げた原因は「中等教育の就学率」「女性閣僚の比率」


分野別では「経済」の115位(同117位)、「健康」の40位(同41位)に関しては、前年のランキングから大きな変化がなかった。一方、「教育」の91位(同65位)、「政治」の144位(同125位)で大きく順位を下げた。


小項目別にみると、「教育」分野の「中等教育の就学率」(同1位)で順位を128位まで落としたことが、全体の順位を大きく下げた原因と言えそうだ。同分野では0.983と満点に近いスコアを獲得しているが、他国も同様に高スコアを獲得しているため、少しの差が大きな順位の変動に影響した可能性がある。


「政治」については、「女性閣僚の比率」(同89位)が139位になり、順位を下げた要因となった。スコアは0.056にとどまり、世界平均(スコア0.255)の4分の1にも届かなかった。


総合順位の上位4位は、今年も北欧が独占した。順位の変動はあるものの、顔ぶれは前年から変わらなかった。首位はアイスランドが11年連続で守り続けており、女性の政治参画や男女の育休制度の普及などが評価されている。


アジア太平洋地域の最高は、ニュージーランドの6位。次いで、フィリピン(16位)、ラオス(43位)、オーストラリア(44位)、シンガポール(54位)などが続いた。

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「男女格差、日本は先進国最低の121位に 中国は106位、韓国は108位」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。