「とりあえず3年頑張ったけど…」社会人3~4年目に考える若手キャリア 成長に悩んだら「現状を客観的に捉える」「優先順位をつける」

「とりあえず3年頑張ったけど…」社会人3~4年目に考える若手キャリア 成長に悩んだら「現状を客観的に捉える」「優先順位をつける」


第二新卒層の中途転職支援を始めて、社会人3~4年目の人からはある悩みが多く寄せられます。"転職相談"というよりは、



「今の会社でどうキャリアを築いていったらいいですか?」
「環境を変えた方がいい?」
「今後のキャリアってどう考えたらいいの?」


といった転職にこだわらない「キャリア相談」をよく受けます。もちろん、入社してすぐ、また10年選手の方からでも同様の相談を受けることがあるのですが、中でもこの「3年」という期間が実に特徴的であると思うようになってきました。(文:キャリアコンサルタント 坂元俊介)


■3年目に出て来やすい悩み「給料が安すぎるのでは?」「本当にやりたいこととは?」


よく「とりあえず3年は最初の会社で頑張った方が良い」ということを耳にします。そして3年頑張ってみた結果、生まれる悩みを大まかに分類すると以下の3つになります。



1.給与の悩み
2.やりたい事の悩み
3.成長の悩み


このような悩みが生まれる理由として、3年経てばベンチャーであれ大手であれ、どんな会社でも1人前として仕事がこなせるようになることが挙げられます。今までは教えられる立場だった人も後輩も出来、早い人だと役職がつくこともあります。


お客様に対しても自分の力で価値を還元し、会社への貢献度も目に見えて把握することが出来ようにもなってきます。こういった背景のもと、悩みが生まれていきます。この悩みの背景をお話します。


1.給与の悩み


独り立ちをし、自分個人が出している「価値」を直接的に知ることが出来るようになってくると「自分が会社に与えている価値」と「自分が貰っている給与」を考えた時に、計算が合わないように思えてきます。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。