年末年始も働く人の嘆き「ゆっくり過ごす顧客を見ると悲しくなります」「お客さんもほとんど来ないので休みたい」

年末年始も働く人の嘆き「ゆっくり過ごす顧客を見ると悲しくなります」「お客さんもほとんど来ないので休みたい」


近年、年末年始の営業自体が見直されている。今年の年末年始は一部コンビニ店舗で元旦の営業を取りやめや、自主休業にする動きが出ている。そんな中、キャリコネニュース読者で販売・サービス業の20代女性は



「商業施設が元旦からオープンしているので働かないといけない。クリスマスから大晦日まで1日何十時間の連勤でボロボロだし、正直年明けはお客さんもほとんど来ないので休みたい」


という声が寄せられている。共感する人も少なくないだろうが、サービス業だと実際のところ、



「シフト制のため盆も正月もなし。もちろん、給料の上乗せもなし。まとまった休暇も取れず、取ろうとすると『代わりの人を探してください』と言われる」(50代男性、販売・サービス職)


という声が多いのではないだろうか。


「殺人的な忙しさの傍ら、年末をゆっくり過ごしている顧客を見ると悲しくなります」


ガスを取り扱う会社に勤務する40代男性も、そうした現状を嘆く。従業員の高齢化と退職、昨今の人員不足から配送員の補充が間に合わず、受持ちの担当件数が倍近くになった。「辛うじて欠員は補充された」というが、



「未経験者は半年の実務経験が経過しないと一人で配送できないという法律上の制限があるため、一番忙しい冬の時期に戦力にはなりません。もともと2日に1回はガスを補充しなければならない顧客もいますし」


と厳しい状況も述べている。それでも、「以前は12月から春先まで休日なかったので、いずれにせよ連休は期待していません」という。ただ、「殺人的な忙しさの傍ら、年末をゆっくり過ごしている顧客を見ると悲しくなります」とこぼす。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。