「月5万円の下積み修業」は時代遅れ? 各地で「後継者バンク」の取組み広がる

「月5万円の下積み修業」は時代遅れ? 各地で「後継者バンク」の取組み広がる
拡大する(全2枚)


企業の「後継ぎ不足」が深刻だ。地方の企業や商店などを中心に、高齢になった社長が後継者不在で悩むケースが多くなっている。


2015年6月10日のNHK「ニュースウォッチ9」では、新しい後継者づくりの形「継業(けいぎょう)」を特集した。事業を身内ではなく「赤の他人」に譲るという、これまでになかった取り組みだ。


■当初は応募者に「厳しさ」求めるつもりだったが


この「継業」は、静岡商工会議所が「後継者バンク」として行っている取り組みだ。後継ぎを探したい経営者と、起業したい人のマッチングをしている。継業が実現したケースのひとつが、県内の商店街にある乾物屋だ。


70代の店主は、両親から継いだ乾物屋を守ってきた。しかし商店街では後継者不足などで、10年で約50店が閉店してしまった。自分の代で潰したくなかった店主は、商工会議所の「後継者バンク」で後継ぎを募集したという。


応募してきた40代の女性とは、最初は意識のズレもあったという。当初、店主は5年間「見習い」として、月5万円の給料で働いてもらおうと考えていた。


「修業だよと。それだけ耐えられる人でないと仕方ない。サラリーマンのように10万でも20万でも良いが、それでは商売を覚えない。それぐらいの厳しさはあって当たり前かなと思っていた」


こうした「下積み」的な意識は、継業を妨げる要因のひとつであった可能性がある。同会議所では2014年4月以降に23件の引き合わせをしたが、継業が実現したのはわずか3件にとどまっている。


この記事の画像

「「月5万円の下積み修業」は時代遅れ? 各地で「後継者バンク」の取組み広がる」の画像1 「「月5万円の下積み修業」は時代遅れ? 各地で「後継者バンク」の取組み広がる」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク