無理ゲーすぎる!就職氷河期世代の公務員採用 倍率数百倍という現状に救いはあるのか

無理ゲーすぎる!就職氷河期世代の公務員採用 倍率数百倍という現状に救いはあるのか


バブル崩壊後の景気後退により、1990年代半ばから2000年代前半にかけて、就職難に直面した就職氷河期世代も現在は40歳前後になっている。転職を繰り返した、長く不正規雇用に従事した、などの理由から、平均年収がバブル世代より約50万円低いという指摘もある。


政府は昨年、『就職氷河期世代支援プログラム』を決定。3年間で計650億円超の予算を計上し、就職氷河期世代の正規雇用者を30万人程度増やすという目標を立てた。これを受け、原則禁止となっているハローワーク、民間の就職サイト、企業が手掛ける募集対象の年齢限定が緩和される方針が出されている。(文:ふじいりょう)


宝塚市の採用試験は408倍 自治体採用枠は最大で「10人ほど」


また、兵庫、愛知、和歌山の3県や、兵庫県宝塚市、岡山県岡山市、千葉県鎌ケ谷市などの自治体が、対象を就職氷河期世代に限定した正規職員の募集を実施。中央官庁でも内閣府や厚生労働省が採用応募の受け付けを開始しており、国家公務員の統一試験実施も決まっている。


宝塚市の採用試験では、1635人もの応募があり、当初の予定より多い4人が合格。競争率は408倍にのぼった。また、鎌ケ谷市の場合は、採用枠が7人で、職種は土木、保育士、保健師となっており、保育士や保健師には資格を持っていることが条件になる。兵庫県、岡山市などでは10人程度の採用になるとされている。


内閣府の募集では、氷河期世代のうち、高卒以上の学力を持っている人が対象。選考過程では、書類や論文、面接を課すことになっている。厚労省は、過去1年間に正規雇用の実績がなく、過去5年間で正規雇用の期間が通算1年以下の同世代を対象に設定しており、一般行政事務の係員として10人を採用する予定だ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。