ワークライフバランスの充実度、正社員が最低 不満が多い状況変わらず

ワークライフバランスの充実度、正社員が最低 不満が多い状況変わらず


エン・ジャパンは1月23日、「ワークライフバランス」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は、同社が運営する「エン派遣」上でサイト利用者を対象に実施。3140人から回答を得た。


まず、現在のワークライフバランスについて聞いたところ、33%が「良い」と回答した。昨年から6ポイントアップし、「悪い」と回答した人も2割にとどまった(43%がどちらともいえないと回答)。雇用形態別では、「派遣社員」(36%)が最も多く、「アルバイト・パート」(32%)、「フリーランス」(32%)と続き、「正社員」(28%)が最低となった。


「正社員を続けておけば良かった」と後悔する人も


ワークライフバランスが悪いと回答した人から、改善策として最も多く出たのは「働きに見合った報酬が得られる」という声。雇用形態別では、正社員と契約社員は「働く時間・日数が適正になる」、派遣社員は「やりがいを感じられる仕事を選ぶ」のポイントが目立った。


子育て期や中・高年期などライフイベントによって働き方を変えた経験がある人は約半数の53%。働き方を変えてよかったことは、



「正社員から、融通の利く派遣社員へ転向。定時で帰宅できるようになり、気持ちにゆとりもできて、プライベートに仕事を持ち込まなくなった」(28歳女性)



「無理をしすぎてしまうタイプなので、勤務時間や業務内容、短期・長期の選択など、色々な選択肢がある派遣という働き方を選びました。自分に向いていると感じています」(33歳女性)


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。