就職氷河期世代の苦難の歴史 リーマンショックでは300社以上にエントリーも内定もらえず

就職氷河期世代の苦難の歴史 リーマンショックでは300社以上にエントリーも内定もらえず


就職氷河期世代とは、バブル崩壊後の景気後退に巻き込まれ、厳しい就職活動を強いられた世代を指す。だが、彼らの受難は就活にとどまらない。2008年にリーマンショックが発生すると、世界的な不況のあおりを受け、日本では派遣社員の雇い止めが頻発。企業の倒産も相次いだ。


就職氷河期世代が経験してきた苦難の歴史について、当事者である筆者の経験も交えて振り返ってみたい。(文:ふじいりょう)


非正規の就職氷河期世代が多数失職


リーマンショックのあおりを受けた不況は、日本では08年11月に本格化した。当時、自動車・電機メーカーの派遣切りによって、40万人が失職するという試算も出されたほどだ。


実際に09年の『労働力調査』を紐解くと、非正規の職員・従業員は前年より39万人減少している。うち、31万人を占めるのは15~34歳。正社員になれなかった就職氷河期世代が、このタイミングで失職するケースが多かったことがうかがえる。同年7月には失業率が5.6%まで悪化した。


企業倒産も相次いだ。08年には1万5646件で、そのほとんどを中小企業が占める。影響は長引き、その後13年までは倒産件数が1万件を超えた。こうした業績の悪化により、苦労の末にようやく正社員の座を得たにも関わらず、失職した就職氷河期世代も多かっただろう。


企業が嫌がるのは「転職歴の多い」「経歴がバラバラ」「年齢が高い」


筆者が33歳だった10年3月、当時働いていた広告企画会社から会社都合での退職を強いられ、その後2年にわたって転職活動をした苦い経験がある。この期間に正社員と契約社員の求人を合わせて318社にエントリー、もしくは履歴書を送付したが、面接にこぎ着けたのは半数に満たない130社。内定に至った件数はゼロだった。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。