転職引き止めで言われた言葉「どこに行っても嫌なことはある」「会社を変えよう」

転職引き止めで言われた言葉「どこに行っても嫌なことはある」「会社を変えよう」


ステラパートナーは2月5日、「仕事と会社に関する調査」の結果を発表した。調査は1月にネット上で実施し、サービス業に従事する20代~30代の1122人から回答を得た。


転職について「考えたことがある」と回答した人は81.4%で、実際に「転職した」人は52.4%。また「現在転職活動中」は15%で、「転職しなかった」人は32.6%となった。


転職しなかった理由「考えが変わった」「同僚からの言葉や激励」


転職しなかった理由として最も多かったのは「考えが変わった」(40.6%)。次いで「同僚からの言葉や激励」(19.1%)、「パートナーからの言葉や激励」(12%)、「上司からの言葉や激励」(7.6%)が続いた。


転職を考えなおした具体的なエピソードとして、



「上司に相談に乗ってもらい考えや思いが変わった」(30代/女性)
「会社内でのキャリア形成を具体的に提示されたから」(30代/男性)


といった声が寄せられた。


転職をについて「止めてくれた人はいない」と回答した人は43.7%で最多となった。一方、止められたという人は「友人・同僚」(16.3%)からが最も多く、「上司」(15.4%)、「パートナー」(12.6%)、「家族」(10.6%)と続く。止められた時に心に残った言葉として、



「どこに行っても嫌なことはある。今まで頑張ってきたんだからもったいない」(30代/女性)
「会社を変えよう」(30代/男性)
「君はこの部署にとって必要だ」(30代/女性)
「辞められたら困るし寂しい」(30代/男性)


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。