フレックス制で働く人が感じたこと「育児しつつ働くお母さんが増えた」「実際にフレックスを使うと社長がキレる」

フレックス制で働く人が感じたこと「育児しつつ働くお母さんが増えた」「実際にフレックスを使うと社長がキレる」


かつては夢のようなワークスタイルの1つとされていたフレックス制度も、現代は多くの企業が導入しつつある。企業口コミサイト「キャリコネ」にも、



「フレックスタイム制が導入されているので、出社時間を各自が決められて良いと思いました」(営業/30代前半/女性/正社員/年収380万円)
「育児をしながら働くお母さんたちが昔と比べて増えたようです。フレックス勤務や在宅勤務等、選択肢が増えているからだと思います」(コンサルタント/20代後半/女性/正社員/年収360万円)


といった声が寄せられている。今回はフレックスタイムを利用する人たちの胸の内を聞いてみよう。(文:鹿賀大資)


フレックスのメリット「遅刻や早退が認められる」「プライベートの時間を取りやすい」



「セルフ・フレックスのような雰囲気があり、事情がある場合は遅刻や早退が認められる」(空調設計・設備設計/30代前半/男性/正社員/年収420万円)
「コアタイムなしのフレックスタイム制であるため、プライベートの時間は取りやすいかと思われます」(研究開発/20代後半/男性/正社員/年収550万円)
「近年ではフレックス休暇が導入される等の働き方改革も行われている」(購買・資材/30代前半/男性/正社員/年収350万円)


フレックスタイムの効果に満足する声が多く挙がった。コアタイム出勤がなければ、ワークライフバランスも充実するようだ。また、フレックス休暇を採用する会社の声も見られた。フレックス休暇は、週40時間労働を基本とし、自由に休みを設定できる。例えば、4日で40時間労働をすれば、残りの3日は休めるという考え方だ。会社が定休日を設けない、または会社の定休日でも出勤できるなどの場合は、フレックス休暇の利用が可能だ。


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。