もはや“非正規”とは……!理不尽すぎる待遇格差「バイトだけど仕事量は社員の倍。しかし給料は3分の1」(40代男性)

もはや“非正規”とは……!理不尽すぎる待遇格差「バイトだけど仕事量は社員の倍。しかし給料は3分の1」(40代男性)


人件費削減のため、アルバイトやパートなどの非正規雇用で人を採用する企業は多い。総務省が発表した「労働力調査」によると、2019年に非正規雇用で働く人の人数は過去最高の2189万人。今や非正規雇用がいない職場の方が珍しいだろう。


ただ、非正規にも関わらず正社員並、もしくはそれ以上の重い仕事を任せられてしまっている人も多い。キャリコネニュースの読者からも「アルバイトなのに社員の倍の仕事をさせられた。給料は3分の1」(40代男性)など、辛い経験談が寄せられた。(文:林加奈)


■「契約社員やアルバイトを犠牲にしてもいいとは思えません」


管理・事務職の40代女性は、非常勤職員として小さな事務所のアシスタント業務に携わった。



「本職員が体調を崩し、出社が遅れたり、ほとんど会社に来なくなったりしたので、こちらの残業が多くなりました。契約では残業なしでしたので、残業代も一切出ませんでしたし、体調も崩れる中、何とか契約期間を勤めました」


職業訓練に通いやっと見つけた再就職先だったが、体力的にも精神的にも限界を感じ、退職を余儀なくされた。



「正社員は会社にとってプライオリティの高い存在だと思うのですが、契約社員やアルバイトを犠牲にしてもいいとは思えません。人口減少に伴い、貴重な労働力となりうる非正規労働者の雇用環境を少しでも考えていただきたいです」


と切実な思いを吐露する。


■「有給がないかわりに飲み会がタダ。意味がわからない」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「もはや“非正規”とは……!理不尽すぎる待遇格差「バイトだけど仕事量は社員の倍。しかし給料は3分の1」(40代男性)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    非正規に扶養家族で税控除の範疇で働きたい者と、それで食っていかなければならない者が混在しているから、どっちつかずの待遇になる。週6日必死で働き残業しても老後の生活資金はたまらない。

    3
  • 匿名さん 通報

    現実的に仕事内容で差なんて付けられないんだから、短時間のバイトでも正社員と同じように社会保険や福利厚生付けるようにする位しないと…そこケチって非正規増やしてんだからさ

    1
  • 匿名さん 通報

    非正規には賞与もないしな。狂ってるよ。

    1
この記事にコメントする

「総務省 + 電話番号」のおすすめ記事

「総務省 + 電話番号」のおすすめ記事をもっと見る

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事

「総務省 + ふるさと納税」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。