「ゲーム依存の本質」とは何か? 香川県のゲーム規制に「必要なのは自分に自信を持てる教育」と若新雄純氏

「ゲーム依存の本質」とは何か? 香川県のゲーム規制に「必要なのは自分に自信を持てる教育」と若新雄純氏


"18歳未満の子どもはゲームを1日60分に制限する"ことなどを盛り込んで炎上した香川県の条例案。「子どもたちを依存症から守るための対策」としているが、一律で制限することや、科学的根拠を疑問視する声も多い。この問題に対して慶応義塾大学特任准教授などを務める若新雄純氏は、2月13日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)で「依存症の本質」から考えるべきだと主張した。


若新氏は以前からこの条例の方向性には疑問があり、どちらかといえば反対の立場だという。SNSやスマホ、ソーシャルゲームが社会の一部となる中、



「教育という視点で、制限するというやり方は本当に正しいのか、というのを考えたい」


と語りだした。(文:okei)


■「依存症になる人は、自信のなさから生まれる不安を誤魔化している」


若新氏によると、依存症には大きく分けて「薬物」「行為」「人間関係」の3つがあるという。スマホをずっといじってしまうなどが「行為」で、ホストクラブ通いやDVを受けているが関係を断てないなどが「人間関係」だ。薬物の場合は使う出発点が何であれ「使う」ことによって依存していくが、「行為」や「人間関係」に関しては、単に使っている時間が長いから依存するわけではないとのこと。


長く使っていても依存にならない人がいる一方で、



「依存症になる人は、ふだん友だちとの人間関係が上手くいっていないとか、周囲から認めてもらえず自分に自信がない人だと言われている」


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「香川県 + イベント」のおすすめ記事

「香川県 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

「香川県 + 観光」のおすすめ記事

「香川県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長崎県」のニュース

次に読みたい関連記事「長崎県」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日の社会記事

キーワード一覧

  1. 香川県 イベント
  2. 香川県 観光

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。